ミャンマー. 我が国の総人口は、2050年には9,515万人となり、約3,300万人(約25.5%)減少。 高齢人口が約. 人口ピラミッド: タイ王国 - 2050. まず人口ボーナス期の位相についてみておこう。ここでは、便宜上、人口ボーナスを生 産年齢人口の比率の高まりと捉え、各国の人口ボーナスの位相を比較した。 図5 は、1950 年~2050 年の日本、韓国、中国、タイ、インドネシア、インドの生産年 この人口増 加を農村と都市に区分してみると、農村人口 は1950年の18億人から2000年に33億人と2倍 弱へ増加したのに対し、都市人口は同期間に 7億人から28億人へ4倍増加した。 日本は人口が漸減していることもあり、分析対象全32カ国中で全体として最も低い成長が予想されています。その結果、2050年までに世界のgdpランキングでの順位が4位から7位へ後退すると予想されてい … タイ. 資料出所:タイ労働省労働保護・福祉局(Department of Labour Protection and Welfare), 注:争議件数・争議企業数は労使交渉が決裂したと報告された件数・企業数であり、その後労働調停官による調停等でストライキ・ロックアウトがなく解決に至った場合を含んでいる。. 2050年にかけて、世界経済の中心は実共にアジアとなり 、世界のgdpに占めるウェイトでは約4割、人口規模では 5割弱に達する ―アフリカの時代は2050年以降。人口のウェイトでは3割に達するも、gdpのウェイトでは1割に満たず (注)グラフ横軸は全て暦年。 2050 年までに全体で5 倍の規模に膨れ上がり、先進国を上回ると予想さ れる。経済規模で世界の上位30 カ国のうち、19 カ国が新興国になると 見込まれる。 一方、人口が少なく、高齢化が進む欧州の先進国は経済面での影響力を 総人口は多くの国で減少へ アジアの総人口 1,800 (100万人) インド 2050年 16億1,380万人 160 (100万人) 日本(ピク) フィリピン Other indicators visualized on maps: (In English only, for now) Adolescent fertility rate (births per 1,000 women ages 15-19) タイの人口ピラミッドをグラフや推移表を用いて男女別でどの年齢が最も多いかの考察や、過去(1950年)から最新の人口ピラミッドを比較し、少子化や高齢化が進行しているかなどの変化、出生率の計算などを説明しています。各種データはcsv出力・ダウンロードも可能です。 80歳以上の人口も、2019年の1億4,300万人から2050年には4億2,600万人へと、3倍に増えることが予測されます。 8. 2035-2040 フィリピン ベトナム タイ、ベトナム シンガポール 2040-2045 マレーシア、インドネシア タイ、ベトナム 2045-2050 (注)合計特殊出生率と、労働力人口・総人口の増減率は5年間の平均値で測定した。老年人口割合は5年 28 表-2 1950~2050年における年平均人口増加率の推移(%) 年次 東アジア 東南アジア 中国 香港 マカオ 北朝鮮 日本 モンゴル 韓国 台湾 ブルネイカンボジア東ティモールインドネシア ラオス マレーシアミャンマーフィリピンシンガポール 1950-55 1.87 4.64 -0.97 -0.89 … タイの人口推移(過去~現在~未来)をグラフ、一覧表を用い、前年増減比や増減率も付与して分かりやすくお伝えしています。タイの人口が一番多かった年や、タイ人口の将来の予測データのcsv出力・ダウンロードも可能です。(EXCELでも使用可能) マレーシア. の50%を占めるに至る(人口の対世界比とほぼ同率)。特に、日本や中国、韓国などの7カ国(=アジア-7)が 繁栄への道を牽引していくことになるだろう(囲み記事2)。gdpの1人当たり換算では2050年に … タイ : 1960年から55 の記録があります。 これらの記録の平均は1.70 %でした。 最も高いデータ:指標“ 人口増加率(%)”について、最も高い年は1964。 ヵ国中、この6ヵ国が. 1,200. - キーワード: 人口統計, 人口ピラミッド, 年齢分布, 高齢化, 退職, タイ王国, 2050. 中華民国(台湾)の人口では現状の中華民国(台湾)の人口及び住民分布の概略を説明する。 現在中華民国(台湾)では居住開始時期により大まかに5つのグループに分類することができる。. つい先日、GDPと人口について調べたことをざっくりと備忘録としてまとめたい。 中国、インド、アフリカの伸びについては大まかに知ってはいたが、アフリカのどこの国が伸びるのかなど、より詳しくはわかっていなかった。 Twitterで見つけた図。やはりビジュアルは分かりやすい。 https://www.jilaf.or.jp/country/asia_information/AsiaInfos/view/19 万人増加するのに対し、生産年齢人口は約3,500万人、若年人口は約 900万人減少。その結果、高齢化率は約20%から約40%に上昇。 なおかつ全人口の約40%が65歳以上の高齢者になり超高齢化社会になり、 2035年には男は3割、女性は2割が生涯未婚超独身社会の到来。 そして、 2050年には平均寿命が90歳 になり、長生きできるが平均寿命が伸びるとともに働き続けなければならない年齢が上がるというリスクも出てきます。 タイは現在、世界で最も人口の多い上位20か国にランクされています。そしてaseanで4番目の位置を占めています。 予測から タイの人口は、2025年までに最大で約7000万人に増加し、その後2050年までに65百万人に減少し、世界第31位に落ちるとみられています。 Other indicators visualized on maps: (In English only, for now) Adolescent fertility rate (births per 1,000 women ages 15-19) 表1-16 人口の多い国:1950,2000,2050年 (1,000 人 ): 順位: 1950年: 2000年: 2050年: 国名: 総人口: 国名: 総人口: 国名: 総人口: 1: 中国 ベトナム (%) 2-3:世界各国の人口オーナス期入り (年) (年) asean10. 2010年から2050年までの40年間で人口は30億人増加するが、増加分はほぼ全てが新興国によるもの(先進国は40年で約0.5億人の増加にとどまる) 生産年齢人口の割合低下が社会保障制度に圧力. 2050年には現在の2倍以上の4億人に達すると予測されている、アフリカの人口大国です。 平均出生率は女性1人当たり5.53人で日本の3.8倍 、近年は乳児死亡率が低くなったことも人口増加の要因です。 25~64歳の生産年齢人口の65歳以上人口に対する割合を示す潜在扶養指数は、全世界で低下を続けています。 ブルネイ. シンガポール. 図 43 タイ国の人口統計(1950-2050) 出典:国連人口統計 現在、先進国は、インフラ建設時代が終わり、同時に初期に建設されたインフ ラの老朽化が始まって問題が起こるようになり、快適・安全性を確保することが 大切という認識が高まっている。 Blog - Twitterでフォローします - ポスター購入 - Contact us by email, © December 2019 by PopulationPyramid.net, made available under a Creative Commons license CC BY 3.0 IGO: http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/igo/, Adolescent fertility rate (births per 1,000 women ages 15-19), Age dependency ratio (% of working-age population), Antiretroviral therapy coverage for PMTCT (% of pregnant women living with HIV), Antiretroviral therapy coverage (% of people living with HIV), Births attended by skilled health staff (% of total), Children with fever receiving antimalarial drugs (% of children under age 5 with fever), Completeness of death registration with cause-of-death information (%), Diabetes prevalence (% of population ages 20 to 79), Diarrhea treatment (% of children under 5 receiving oral rehydration and continued feeding), GNI per capita, Atlas method (current US$), Health expenditure per capita (current US$), Immunization, BCG (% of one-year-old children) - Turberculosis, Immunization, DPT (% of children ages 12-23 months) - Diphtheria, pertussis (whooping cough), and Tetanus, Immunization, HepB3 (% of one-year-old children) - Hepatitis B, Immunization, Hib3 (% of children ages 12-23 months) - Meningitis, Pneumonia, and Epiglottitis, Immunization, measles (% of children ages 12-23 months), Immunization, Polio (% of one-year-old children), Incidence of HIV (% of uninfected population ages 15-49), Incidence of malaria (per 1,000 population at risk), Incidence of tuberculosis (per 100,000 people), Labor force, female (% of total labor force), Literacy rate, adult female (% of females ages 15 and above), Literacy rate, adult total (% of people ages 15 and above), Literacy rate, youth male (% of males ages 15-24), People practicing open defecation, urban (% of urban population), Population ages 65 and above (% of total), Prevalence of HIV, total (% of population ages 15-49), Prevalence of overweight, female (% of female adults), Prevalence of overweight, male (% of male adults), Prevalence of overweight (% of children under 5), Prevalence of syphilis (% of women attending antenatal care), Public spending on education, total (% of GDP), Risk of impoverishing expenditure for surgical care (% of people at risk), School enrollment, secondary, male (% net), Sex ratio at birth (male births per female births), Smoking prevalence, females (% of adults), Suicide mortality rate (per 100,000 population), Tuberculosis death rate (per 100,000 people), Unemployment, total (% of total labor force), http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/igo/. 2016年→2030年→2050年の世界gdp予測ランキングと人口構成ピラミッドを各国で比較して老後資産に最適な国を予想した Sources - 人口ピラミッドとは? Copyright (C) 2013 JILAF All Rights Reserved. 世界銀行の推計では2050年までの間、合計特殊出生率は1.5~1.6の間で推移していくと予測されていて、今後とも少子化は進行していく傾向にあると考えられる。 このようにタイは先進国と同様に少子高齢化と向き合わなければならない。 2030年までに人口オーナス化 生産年齢人口比率(ASEAN6か国+中国) 中国. 公益財団法人 国際労働財団 Japan International Labour Foundation, 全国民間産業労働者会議(NCPE: National Congress of Private Industrial Employees), 国営企業労働連盟(SERC: State Enterprises Workers Relations Confederation), タイ労働組合会議(TTUC: Thai Trade Union Congress), 51.3万平方キロ(日本の1.36倍)(2017年、The World Fact Book(WFB)), ナコンラチャシマ249.2万人、サマットプラカン208.9万人、チェンマイ170.4万人(2017年推定、世界年鑑), 製造業28.1%、卸売・小売業14.6%、運輸・倉庫・通信業10.2%、農林水産業6.8%(2015年、(公財)国際金融情報センター各国情報より), 批准総数18、中核8条約:批准6、未批准2(87号、98号)(2018年6月、ILO), マハ-・ワチラロンコン・ボテインタラーテーパヤワランクーン国王陛下(ラーマ10世王)(2016年12月即位), 首相のもと首相府、19省ほか プラユット・ジャンオーチャー首相(2014年9月~), ・軍事政権から民政移管への遅れが懸念されている。2016年の国民投票を経て2017年に新憲法が発布されたが、総選挙は延期され、2019年とされている。
・経済の成長は政争や軍事クーデターなどにより一時低下。その後は3%台に回復した。インフラの整備や産業集積により、中期的には4~6%程度の成長維持の可能性。, タイ経営者連盟(ECOT: Employers' Confederation of Thailand)。このほか、12の経営者連盟あり, 学生による政権打倒。1974年文民政権、民主憲法制定。1976年クーデター、軍事政権。, 新憲法公布(タクシン派進出抑制の内容)。NCPOは2018年総選挙、民政移管方向示す。, タクシン派による合法政党。旧愛国党(1998年創立・タクシン党首)は2007年に憲法裁により選挙違反を理由に解党命令。関係議員の多くは後継政党「国民の力」に移り、2007年の総選挙では第一党となり5党連立政権を担った。しかし同党も2008年に選挙違反として解党処分。その受け皿として2008年に結成された。, 中道リベラル系政党。1946年創立でタイの諸政党のなかでは最も歴史が長い。1992年の民政移管後には与党を数回経験し首相、閣僚も輩出した。1998年の旧愛国党設立後は二大政党の一方を担った。2007年の憲法裁判所の判断では解党を免れ、今日まで継続している。アピシット元首相が党首。, 老舗の保守政党である国民党の後継政党。国民党は1974年設立、2001年の愛国党主導の連立政権に参加。2007年総選挙ののち、「国民の力」主導の連立政権に参加。2008年、憲法裁判所により選挙違反として解党命令。多くの議員が国民発展党に移籍した。, バンコク、サムットプラカーン、ノンタブリ、パトゥムタニ、ナコンパトム、サムットサコーン, 国家立法会議(暫定・220人) 議員の構成の半分以上は軍人(現役・退役を含む)であり、プラユット・国家平和秩序維持評議会(NCPO)議長が議員名簿を提出、2014年7月末に国王が承認。新憲法により上下両院の二院制に移行予定。, 国王が首相を任命、首相のもとに首相府、20省等。現在の暫定首相はNCPO議長のプラユット・チャンオチャ氏(元タイ陸軍大将)。, 制度上は三審制であり、地裁、高裁、最高裁がある。地裁には首都バンコクにある民事、刑事裁判所と地方裁判所がある。, 2017年の人口は6,904万人。将来人口にかんする国連の予測では2030年に6960万人となるが、2050年には6540万人となり、2100年には4750万人に減少すると推測されている。, 現在の人口の構成は、15歳未満が16.9%、15歳以上25歳未満が14.2%、25歳以上55歳未満が46.3%、55歳以上65歳未満が10.6%である。, タイは高齢化の方向にあり、65歳以上人口の比率は、ASEANではトップの10.6%である。これは2021年に20%を上回り(高齢社会)、2035年には30%を超える(超高齢社会)と予測されている。, 農業、製造業、観光業が中心。GDPの産業分野別比率はサービス産業55.6%、製造業等36.2%、農業等8.2%(2017年、WFB), 2017の就業者人口は3,821万人(第一四半期)。分野別の就業数は、農林水産業31.8%、鉱工業・建設業16.7%、サービス産業51.5%である(2015年)。サービス産業44.5%、農林水産業32.3%、鉱工・建設業23.2%(2015年、タイ政府), 就業形態では、公務員、国営企業・民間企業従業員などのフォーマル労働者が1500万人(38%)である一方、インフォーマルセクター労働者は2400万人(62%)。, 外国人が労働するためには、就労査証による入国後、入国管理局から就労のための滞在許可を得た上で、労働省から労働許可を受けなければならない。労働許可を得てタイ国内に在住する外国人は、ミャンマー、ラオス、カンボジアからの3か国で合計約133 万人が労働許可を取得しており、内訳はミャンマーが約98万人と全体の約7割強を占める。, 政治的な混乱により2014年のGDP成長率は0.9%まで低下したが、その後は3%台の成長率が続いている。2017年の成長率は3.9%である。, 10を超えるナショナルセンターがあるが、うち4つの主要組織である、タイ労働会議(LCT)、タイ労働組合会議(TTCU)、全国民間産業労働者会議(NCPE)、国営企業労働連盟(SERC)がITUCタイ協議会(ITUC-TC)に加盟している。, 労働組合を設立するためには、1975年「労使関係法」にもとづきタイ国籍を有する10人以上の労働者が発起人となり登記申請を行う。同一産業を基盤とする2以上の労働組合は労働組合連盟を結成できる。15以上の労働組合又は労働組合連盟はナショナルセンターを設立できる。, 全国の労働組合の数は2015年には1,472、組織率は平均で2~3%といわれる(2015年)。日系企業で見ると製造業では32.4%、非製造業では4.8%に労働組合がある(2016年)。, 日本JILAF、ドイツFES、米国ACILS、豪州APHEDA、フィンランドSASK、ノルウェーLO、スウェーデンLOが支援プログラム展開。, バンコクに事務所を設置し、インフォーマル労働者と家族支援などを展開(関口輝比古所長), 近年の労使関係は比較的安定している。現在の政権の下でも法律上は労働争議は制限されていないが、実際には労使紛争に入ることが難しくなっているとの指摘もある。一方で、労使紛争の傾向は地域、工業団地等により異なり、活動家の介入等により個別には大きな労使紛争が生じる場合もある。, 2018年の最低賃金は4月1日から下記の内容で適用される。この賃金額は2018年1月の中央賃金委員会で決定されたが、労使の反発で政府の決定が遅れた。タイの最低賃金は2013年1月から全国一律で日額300バーツとされたが、2017年1月以降は地域により若干の開きが見られ、地域別の最低賃金となっている。, 基本方針:日本との緊密な関係を踏まえた戦略的パートナーシップに基づき、双方の利益増進につながる協力を推進するとともに、ASEAN・メコン地域の均衡のとれた発展に貢献。, 重点分野:①産業人材の育成、競争力強化への基盤整備を支援。環境問題、高齢化問題、社会的弱者支援等、日本の治験・経験も活用した支援。②ASEAN地域内でメコン地域の連結性強化や格差是正など共通課題への支援。③アフリカなどASEAN域外への南南協力への支援。, 招へい事業:1989年より今日まで73人(男性46人、女性27人)の若手労組指導者を招へい(2016年度末現在), 現地支援事業・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)(2011~2017年). (老年人口(75歳以上)の最初のピークは2030年) 老年人口は、2015年に301万人、2025年に326万人、2040年に394万人となり、 2050年の419万人をピークに、2060年には395万人となる。75歳以上の老年人口 人口ピラミッド: タイ王国 - 2020. 2017年に国連が発表した「世界人口予測2017年改定版」によると、2017年の世界の総人口は76億人から、約30年後の2050年には29%も増加し98億人に到達するそうです。 あまりにも数字が大きいので実感が湧きませんが・・・、 今後30年間で3割以上も新たな人類が生まれ、2050年という次の時代を作っていくわけです。 まあ、どうなっているかわかりませんが、もし今のように、自分の保身だけの政治家が国を食いつぶしていた …