・三重県:5月15日から解除 ・鳥取県:5月7日から解除 ・岡山県:5月7日から解除(特措法に基づかない営業自粛要請を解除), ・山形県:5月11日から解除 ・千葉県:原則5月31日まで休業要請(協力金を30万円から40万円へ増額) ・島根県:5月7日から解除 | サイトマップ. 1: ちゃんねるZでお送りします 2020/05/05(火) 07:43:03 BE:422186189-PLT ID:BE:422186189-PLT 緊急事態宣言が全国一律で31日まで延長された4日、大分県はパチンコ店などに出していた休業要請の条件付き解除を決めた。 同県は県庁で開いた対策本部会議で、パチンコ店やゲームセンター、マージャン店など … 2 期間. 鹿児島県は6月末までに11人が感染し、6月12日に1人の感染が確認されて以降、新規感染者0が続いていました。 しかし、7月に入ってから急速に感染者が増加しています。 これを受け、各都道府県は休業要請の延長などを発表。 でちゃう! PLUSでは、特定警戒都道府県(北海道、茨城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、石川県、愛知県、岐阜県、大阪府、兵庫県、京都府、福岡県)をはじめとした、全47都道府県の方針を独自調査した。 【全都道府県リスト】パチンコへ店の休業要請解除、18日には37府県で営業再開 遊技日本 2020年5月15日. ・兵庫県:原則5月31日まで休業要請(現時点で追加の協力金なし) 1月の新台注目機種、トップはパチンコ『PA花の慶次~蓮』、パチスロ『花の慶次 武威』. ・鳥取県:5月7日から解除 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が鹿児島を含む39県で解除されたのを受け、三反園訓知事は14日夜、鹿児島市の県庁で記者会見した。接待を伴う飲食店など4業種に出していた休業要請を、感染防止対策の徹底を条件に15日に解除すると発表した。 ・長崎県:5月7日から解除 ・栃木県:5月11日から解除 ・長崎県:5月7日から解除 ・滋賀県:原則5月31日まで休業要請(現時点で追加の協力金なし) ・福井県:原則5月31日まで休業要請(現時点で追加の協力金なし) 5月14日に緊急事態宣言が全国39県で解除されたことについて、47都道府県でパチンコ店への「休業要請」の対応が出そろった。 鹿児島県全域. ・香川県:5月7日から解除 3 基本的に 休業の協力を要請する施設 ・京都府:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金は未定) ・新潟県:原則5月20日まで休業要請(追加で一律10万円の協力金) 群馬県は、ホテルや旅館に対する休業要請を解除すると発表したが、遊興施設や商業施設への休業要請については今月末まで継続する。 鹿児島県は7~20日に休業要請する対象を、キャバレーやバーなどのうち接待を伴う飲食店や、カラオケボックスなど4種の施設に絞った。 ・大分県:5月11日から解除 県の要請に応じて,ご協力いただいた中小企業等又は個人事業主に対して,「鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策休業協力金(7月8日からの休業要請版)」を支給します。 令和2年7月22日(水曜日)から申請を受け付けます。 ・長野県:5月7日から解除 ・山形県:5月10日まで休業要請。11日以降は6日以降に再度判断(追加の協力金は未定), ・富山県:原則5月31日まで休業要請(現時点で追加の協力金なし) ・宮崎県:5月11日から解除, ・福島県:5月15日から解除(15日午後に決定) 鹿児島県から休業協力要請を受け、その要請に応じて施設を休業し、県から「鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策休業協力金(7月8日からの休業要請版)」を支給された中小企業等および個人事業主に対して、要請解除後の事業継続を下支えするため本市独自の支援金を給付します。 パチンコ業界ニュース > 休業要請が解除されたのは、スナックなど接待を伴う飲食店、カラオケボックス、ライブハウス、性風俗店の4業種です。 鹿児島県は今月5日、98業種を対象に出していた休業要請を7日以降はスナックなどの接待を伴う飲食店など4業種に絞り、要請期間は当初20日までとしていました。 ・福岡県:5月15日から解除, ・福井県:5月18日から県独自の休業要請を解除(特措法に基づく休業要請は5月15日解除) ・奈良県:5月15日から解除(15日午後に決定) ・岩手県:5月7日から解除 ・埼玉県:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金は国へ要望) ・東京都:原則5月31日まで休業要請(追加で単一店50万円・複数店100万円の協力金) ・島根県:5月7日から解除 ・香川県:5月7日から解除 ・群馬県:県独自の休業要請を当面継続(特措法に基づく休業要請は5月15日解除) ・愛知県:県独自の休業要請を当面継続(特措法に基づく休業要請は5月15日解除) 鹿児島県の補助金ポータルは、助成金や補助金を分かりやすくまとめた総合情報サイトです。各種補助金や助成金の申請方法、条件についての情報や関連ニュースなどをお届けしていきます。助成金についてさらに詳しく知りたい方は、無料相談窓口もあるので、お気軽にお問合わせください。 ・静岡県:5月18日から県独自の休業要請を解除(特措法に基づく休業要請は5月15日解除), ・茨城県:県独自の休業要請を当面継続(特措法に基づく休業要請は5月15日解除) ・山梨県:5月7日から解除(パチンコ店は5月12日にガイドライン合意で再開) ・北海道:原則5月15日まで休業要請。11日以降は再度判断(追加なし。以前の協力金も15日まで休業が条件), 『特定警戒都道府県ではない地域』 トップページ > ・高知県:当初からパチンコ店への休業要請なし ・岐阜県:県独自の休業要請を当面継続(特措法に基づく休業要請は5月15日解除), 【緊急事態宣言の対象の自治体】 ・神奈川県:原則5月31日まで休業要請(7~31日の8割休業した場合、追加で10万円の協力金) ・山口県:5月11日から解除(県独自の土日の休業要請解除も検討中) ・大阪府:5月16日から1千平方メートル以下は解除 ・和歌山県:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金なし), ・広島県:5月10日まで休業要請。11日以降は再度判断(現時点で追加の協力金なし) ・徳島県:当初から休業要請なし, ・青森県:5月7日から解除 ・岡山県:5月7日から解除(特措法に基づかない営業自粛要請), ・栃木県:5月11日から解除 ・京都府:5月16日から1千平方メートル以下は解除, ・東京都:原則5月31日まで休業要請(追加で単一店50万円・複数店100万円の協力金) ・鹿児島県:5月7日から解除 またまた久しぶりのブログ更新5月に休業要請が解除されて7月に一気に鹿児島県も新型コロナウィルスが増えました。目に見えないウィルス ️本当に怖い。7月3… 全国46都道府県にパチンコホールを展開する株式会社ダイナム(本社:東京都荒川区西日暮里代表取締役:藤本達司)は、各自治体による休業要請の業種指定解除を受けて、新型コロナウイルス感染防止対策を強化・徹底の上、5月7日より12県101店舗で営業を再開することを決定いたしました。 ・愛知県:原則5月31日まで休業要請(追加の支援金を検討中) ・大阪府:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金は未定) 鹿児島県から協業協力要請を受け、その要請に応じて施設を休業し、県から「鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策休業協力金(7月8日からの休業要請版)」を支給された大崎町内の中小企業等及び個人事業主に対して、要請解除後の事業継続のため大崎町独自の支援金を給付します。 ・石川県:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金なし), ・茨城県:5月17日まで休業要請。11日以降は15日に判断(追加の協力金なし) ・徳島県:当初から休業要請なし, ・青森県:5月7日から解除 ・新潟県:5月15日から解除(15日午後に決定) ・愛媛県:5月11日から解除 ・北海道:原則5月31日まで休業要請(追加で10万円の協力金), 5月7日期限だった緊急事態宣言が、対象を全国47都道府県としたままで5月31日までの延長が決定したことにつき、47都道府県でパチンコ店への「休業要請」への対応が出そろった。休業要請が7日から解除されるのが13県、11日から解除されるのが4県。高知県、徳島県ではパチンコ店に対する休業要請は当初から出ておらず、11日には全国19県でパチンコ店の営業が再開される見込みだ。, ただし、各県ごとに「客へのマスク着用義務」「身分証確認で県外客を入店させない」「駐車場に他府県ナンバーを入れない」「1台置きの間引き営業」など、条件が定められたうえでの休業要請解除となっている。, パチンコ店に対しての休業要請は「特定警戒都道府県」の13都道府県を含め、28都道府県で11日以降も継続される。協力金も、東京都の「再度、最大100万円」から「協力金なし」まで、今回も自治体ごとに対応が分かれた。, 【休業要請が解除または休業要請がない県】 ・佐賀県: 5月7日から解除 ・福岡県:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金は未定) ・秋田県:5月7日から解除 【全都道府県リスト】パチンコへ店の休業要請解除、18日には37府県で営業再開, 5月14日に緊急事態宣言が全国39県で解除されたことについて、47都道府県でパチンコ店への「休業要請」の対応が出そろった。緊急事態宣言対象の8都道府県では、関西圏の大阪府、兵庫県、京都府の3府県が、16日からパチンコ店への休業要請を解除すると決定。他の北海道と関東圏は、特措法に基づく休業要請が継続される。, 緊急事態宣言が解除された自治体では、特措法に基づく第24条「休業協力要請」や45条「施設の使用停止」要請、休業「指示」については効力が失効している。今後も特措法に基づく要請はできないが、自治体ごとに県独自の営業自粛要請を行っている自治体も複数ある。緊急事態宣言の対象から外れた自治体で、パチンコ店に対し県独自の営業自粛要請を継続して行うのは、東京に近い茨城県、群馬県や、都心部の愛知県、それに近い岐阜県など。, 緊急事態宣言対象から解除されたことにより、そのままパチンコ店の営業が再開されたところでは、沖縄県が一足早く14日に、福岡県や三重県、滋賀県でも15日に再開した。, 今回の休業要請解除については、「県境移動を制限したい」という意向から、大阪府が16日から1千平方メートル以下のパチンコ店への休業要請解除を決めたことで、兵庫県、京都府、和歌山県も同じく16日から1千平方メートル以下を解除するなど、隣県の状況を踏まえた決定が多くなされた。, 【緊急事態宣言の対象でない自治体】 ・山口県:5月10日まで、11日からは土日のみ休業要請(現時点で追加の協力金なし), 各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。. ・富山県:5月11日から解除 ・熊本県:5月11日から解除 ・大分県:5月11日から解除 ・滋賀県:5月15日から解除 ・高知県:当初からパチンコ店は休業要請の対象外 ・宮城県:5月7日から解除 休業協力要請施設一覧 1 区域. ・秋田県:5月7日から解除 ・宮城県:5月7日から解除 Copyright (c) P-WORLD, Inc. All Rights Reserved. ・兵庫県:5月16日から1千平方メートル以下は解除 5月7日期限だった緊急事態宣言が、対象を全国47都道府県としたままで5月31日までの延長が決定したことにつき、47都道府県でパチンコ店への「休業要請」への対応が出そろった。 ・長野県:5月7日から解除 パチンコ店の休業要請、17県で解除へ。19県で営業再開. ・千葉県:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金は国へ要望) ・福島県:原則5月31日まで休業要請(追加の支援金を検討中) ・埼玉県:原則5月31日まで休業要請(協力金を30万円から40万円へ増額) 今回の休業要請解除については、「県境移動を制限したい」という意向から、大阪府が16日から1千平方メートル以下のパチンコ店への休業要請解除を決めたことで、兵庫県、京都府、和歌山県も同じく16日から1千平方メートル以下を解除するなど、隣県の状況を踏まえた決定が多くなされた。 ・静岡県:原則5月20日まで休業要請。以降は再度判断(追加で一律20万円の協力金), ・三重県:原則5月31日まで休業要請(追加の支援金を検討中) 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が鹿児島を含む39県で解除されたのを受け、三反園訓知事は14日夜、鹿児島市の県庁で記者会見した。接待を伴う飲食店など4業種に出していた休業要請を、感染防止対策の徹底を条件に15日に解除すると発表した。旅館、ホテルへの県外客に対する宿泊予約キャンセルや延期要請は月末まで継続し、学校についても24日まで警戒期間を続ける。, 県は4月24日、99業種に休業・時短を要請(期間25日~5月6日)。5月5日、4業種以外の休業・時短要請を解除した。これで全ての休業要請が解除された。4業種の休業要請解除について県は、感染防止に関するガイドラインを15日中にも示す。, 県民に対しては、従来通り「不要不急の帰省や旅行など、都道府県を越えての移動は避けてほしい」と呼び掛けるとともに、外出時の「3密」やクラスター(集団感染)のリスクが高い場所の徹底回避、手洗いや人と人との距離確保といった新しい生活様式を求めた。県外住民には、不要不急の帰省や旅行などでの来県自粛を要請し、離島でのサーモグラフィーなどを活用した水際対策は継続する。, 離島への訪問について三反園知事は、朝山毅奄美市長らと意見交換したことを報告し「県民であれば大丈夫ではないか、ということだった」と述べた。, 今回の措置について、三反園知事は「鹿児島県は24日間、新たな感染者が出ていないが、ここで気を緩めて感染拡大があってはならないと思っている。ぜひ、新しい生活様式を徹底してほしい」と訴えた。, 県は休業を継続してきた県の公共施設5カ所のうち、奄美パーク(奄美市笠利町)と奄美少年自然の家(同市名瀬)を含む4施設についても15日に再開すると説明。記者会見後に新型コロナウイルス対策本部を開き、経済活動再開への取り組みなどについて確認した。, トップページ > 地域・社会 > 鹿児島、休業要請を全解除 県民の離島訪問も可能に, Copyright© 2001-2021 南海日日新聞 All Rights Reserved. ・山梨県:5月7日から解除 ・広島県:5月15日から解除(15日午後に決定) 蒲島知事「防止策継続を」熊本県の蒲島郁夫知事は19日、新型コロナウイルス感染防止のため3密(密閉、密集、密接)を避...|九州・福岡の社会・政治・経済に関するニュースを中心とした最新情報。 ・石川県:県独自の休業要請を当面継続(特措法に基づく休業要請は5月15日解除) ・熊本県:5月11日から解除 ・岐阜県:原則5月31日まで休業要請(追加の協力金なし) ・鹿児島県:5月7日から解除 ・奈良県:原則5月31日まで休業要請(現時点で追加の協力金なし) ・佐賀県: 5月7日から解除 鹿児島県薩摩川内市の国道沿いに干支・丑のオブジェ [17:03] 薩摩川内市の国道沿いにお目見えした干支にちなんだオブジェが話題になっています。 鹿児島県曽於市で住宅1棟全焼 [16:22] 鹿児島県曽於市で2日昼前、火事があり、住宅1棟が全焼しました。 『特定警戒都道府県』 ・神奈川県:原則5月31日まで休業要請(7~31日の8割休業した場合、追加で10万円の協力金) ・宮崎県:5月11日から解除, 【休業要請が延長される都道府県】 熊本県はきょうから休業要請を段階的に解除。 新潟県はきょうから休業要請の一部を解除。 鹿児島県は営業再開の飲食店に対して「対面での飲食は避ける」。 飲食店・山田家店員、ビア個室酒場八幡屋・市坪雅のコメント。 ・岩手県:5月7日から解除 令和2年7月8日(水曜日)から7月21日(火曜日)まで.