© 2012-2021 オーストラリア留学.net All Rights Reserved. オーストラリアのtafe(専門学校)に行った時は、1年の学費が80万円くらいでした。 ちなみにオーストラリアの大学だと年間250万くらいです。 ワーキングホリデーで働きながら勉強する. !function(e,t,n,s,u,a){e.twq||(s=e.twq=function(){s.exe?s.exe.apply(s,arguments):s.queue.push(arguments); 【海外チア留学】海外で働きながらチア留学!in オーストラリア ひょんなことからオーストラリアの強豪チーム(2年連続メダリスト)のメンバーとしてアメリカで開催されるチアリーディングの世界大会に出場することとなり、 その勢いでそのままオーストラリアに住むことになりました。 twq('init','nvirz'); オーストラリアにとって、ワーホリワーカーは貴重な労働力となっています。ワーホリビザは 同一雇用主での就労期間は3ヵ月以内 の為、主要都市部では頻繁に欠員補充のための求人広告. オーストラリアは気候も良く、多くの学校があり、留学生にとって住みやすい国です。また、オーストラリア独自の文化を楽しめるのも魅力のひとつ。この記事では、私の留学経験を通しておススメだなと… 留学先として不動の人気を誇るオーストラリア。豊かな自然の中でゆったりとした生活を送りながらじっくり語学を学ぶもよし、ワーホリでがっつり働きながら英語を学ぶもよし。 オーストラリアで看護師免許を取得され、現在は心臓内科で臨床教育看護師(cne)として働かれている方の体験談です。海外での働き方やクリニカルナースエデュケータ―としての業務内容、プライベート面では海外での出産などについて具体的に説明いただいています。 オーストラリア留学後にフィリピンで就職した理由。ドン底だった頃. カナダではワーホリしか働きながら留学出来ないと思われていますがワーホリ以外でも働きながら留学できるビザがありますので紹介します。 カナダ語学留学で利用できるビザは 観光ビザ; 留学生ビザ; ワーホリビザ; があります。このうち就労可能の働けるカナダ語学留学ビザはワーホリビザ� 看護留学で渡航して3年。オーストラリアの婦人科クリニックで働きながら正看護師を目指す 1、踏み出した看護留学が背中を押した向上心 2、CertificateⅣへの挑戦 3、ワールドアベニューネットワークが生み出した奇跡 介護施設から婦人科クリニックへ // Insert Twitter Pixel ID and Standard Event data below オーストラリアでは学生ビザでアルバイトができたり、ワーキングホリデービザの2年目を取得できたりと、働きながら勉強できる環境が整っています。この記事ではお仕事の種類や金額まで、オーストラリアのお仕事事情を紹介します。 オーストラリア大学院留学希望者のために、オーストラリア大学院留学の概要をはじめ、入学条件や手続きについてご紹介しています。また、日本の大学との相違点やメリット・デメリットも解説しています。オーストラリア以外の海外大学院留学をご希望される方も是非一度ご覧ください。 今、オーストラリア留学するべきかどうか悩んでいらっしゃいますか? 1. シリーズ「どこよりもわかる」第1回はオーストラリアのワーキングホリデーについてお話します。留学先や留学の目的は様々ですが、広く人気なのが働きながら勉強できる「ワーキングホリデー」です。その中でも特に日本の留学生に人気のはやはりオーストラリアとカナダでしょう。 働きながらなので、ハードに働けば逆に貯金できますよ。 オーストラリア留学の特徴とメリット. 英語が話せるようになりたいから留学したいけど留学しても英語上達するのかな? 2. オーストラリアは気候も良く、多くの学校があり、留学生にとって住みやすい国です。また、オーストラリア独自の文化を楽しめるのも魅力のひとつ。この記事では、私の留学経験を通しておススメだなと… 基礎からきっちり学んでけるコース、語学学校を紹介致します。, 日本に帰国後、就職活動などにも活きてくるTOEICの点数。 オーストラリアと英語ネイティブ国アメリカ、イギリス、カナダの留学を色んな角度から比較してみました。留学予算、治安、英語、発音、語学学校のレベル等。留学先を検討中の方は御覧ください。留学先の決定のお手伝いができる内容になっているかと思います。 例えば5年や10年オーストラリア留学生ビザで働きながらオーストラリアに滞在している日本人もいます。 英語が全くできない人へのお勧めは1年間オーストラリア語学留学をしながらバイトをして生活費を稼いでお金を貯めながら、toeic900点を取得します。 働きながら留学することは可能なのでしょうか?実際のスケジュールや費用面など、ここでしか読めない詳しい情報も!フリーランスでも、そうじゃなくても、働きながら海外留学はできる時 … アクティビティでサーフィンをしたい!という方はお気軽にお問い合わせください。, オーストラリア国内だけでなく、日本からだと中々アクセスしにくいニュージーランドや、太平洋にある島々(フィジーやバヌアツ、ニューカレドニア)、インドネシア、マレーシア、シンガポールなどの国々へのアクセスしやすい国ですので、滞在している間にお金を貯めて、学んだ英語を活かし、ホリデーを楽しんでください。, セカンドワーキングホリデーとは、2度目の1年もワーキングホリデービザでオーストラリアでの滞在を許可する制度です。, セカンドビザの取得については、オーストラリア政府が定めた第一次産業(代表的には農業)で88日以上の労働したワーキングホリデービザ保持者が申請できるビザです。, ファーストワーキングホリデービザと同様に、年齢制限、扶養家族の有無などもビザ申請条件にあります。, セカンドワーキングホリデービザ取得に関するご相談も承っております。 しっかり語学学校で英語を習得して、その後にアルバイトで飲食関連、サービス業、オフィス業務など様々な選択肢があります。, 仕事内容によっては英語能力が重視される職種、過去の経験が重視される職種、資格などを要する職種など様々なジャンルのお仕事が募集されています。, オーストラリアならではのお仕事としては、マリンスポーツ関係でスキューバダイビングのお仕事に就かれたり、ヨーロッパのコーヒー文化の影響を強く受けているメルボルンやシドニーなどの都市部でのカフェで働いたりなど、日本では経験できないジャンルのお仕事にも挑戦して頂けるかと思います。, オーストラリアの各都市、地域は様々な顔、文化、歴史的背景を持ち、異なった文化、景色、雰囲気、人との出会いがあります。, オーストラリアは特にマリンスポーツが市民にとって身近で、仕事の後にビーチなんてことも日常的に行われています。, 中でも特にサーフィンが市民にとって親しみがあるマリンスポーツで、各ビーチにはサーフスクールが設けられていて気軽にチャレンジすることが可能です。, また、語学学校によってはアクティビティでサーフスクールを開講していることもあります。 Home > 留学/ワーホリ体験談 > オーストラリア留学体験談 > オーストラリアのカフェで働きながら様々な経験が出来た休学ワーホリ生活でした オーストラリアのカフェで働きながら様々な経験が出来た休学ワーホリ生活でした オーストラリアに移住をする際に気になるのは英語がどのくらいできれば良いのか、英語は学習できるのかということではないでしょうか。今回はオーストラリアで英語を学習できるのか、あらかじめどのくらい学習すれば良いのかを見ていきます。 ソフィアオーストラリア留学とは ; 無料サポート内容; お申込みの流れ; よくあるご質問; 会社概要; 無料お見積り; お申込み; お問合わせ; Menu; ゴールドコーストの留学エージェント「ソフィア留学」 > 留学体験談 > ワーキングホリデー 体験談 > 日本食レストランで働きながらワーホリ. これからは英語が使えたほうがいいのは分かるけど、留学する価値あるかな? 3. 働きながらの留学が可能 ; 治安が良い; 政府のケアが手厚い; 日本との距離が近く時差がほとんどない; それぞれ、詳しく解説していきたいと思います。 留学費用が比較的安い. 海外行ったことないので不安・・・ 7. が出ています。. インターン留学とはどういった留学?現地の企業や日系企業に入って仕事をしながら、社会や文化など相互理解と仕事への姿勢を学ぶというシステムです。外国の会社で働くことにより、国際感覚とその国の社会背景、ビジネスシーンを体感することができます。 生活費とか考えると結構莫大な予算が必要になるので難しい・・・ 5. オーストラリア留学の主なメリットは、以下のとおり。 留学費用が比較的安い; 働きながらの留学が可能; 治安が良い; 政府のケアが手厚い; 日本との距離が近く時差が … 語学学校でもTOEIC特訓コースなどもありますので、オーストラリア在住中にTOEICの点数を上げて、帰国後のステップアップに活かしましょう!, オーストラリアで専門学校、大学への進学を検討されている方では必須になってくるILETSやTOEFLなどの点数。オーストラリアでの進学するための点数取得をサポートしている語学学校、コースが充実しています。, 英語の資格などにこだわらず、コミュニケーション能力を培う為のリスニング、スピーキングに特化したコースでネイティブスピーカーと普通にコミュニケーションが取れるようになれるように特訓できます。, カフェで働く際に必要な「バリスタ」の資格が取得できるコースを提供している語学学校もあり、コーヒーの深い文化を学びながら豆の挽き方やラテの作り方まで実践で活かせられるように勉強することができます。, ワーキングホリデービザの醍醐味としては、やはり「海外で働ける」「海外で仕事ができる」ところにあるのではないでいでしょうか?, ワーキングホリデービザ保持者は、同一雇用主のもとで最長6ヶ月は就業できます。 a=t.getElementsByTagName(n)[0],a.parentNode.insertBefore(u,a))}(window,document,'script'); イギリスで学びながら働こう!|語学留学やワーキングホリデーなど、あなたの留学の成功を累計25万人の利用数を誇る【成功する留学】が親身にサポート。経験豊富なカウンセラーが、17か国289都市と28種類のプログラムの中から、ご希望に合うプランをご提案します。 オーストラリア留学にはデメリットもありますが、それらを覆すほどのメリットや魅力が多数存在します。しかし、オーストラリアに留学するためには、さまざまな手続きを行うため、事前に必要となる書類などを把握しておくことが大切です。 オーストラリアでの留学には、語学留学だけではなく、高校留学、専門学校留学、大学留学などがあり、オーストラリアで学び取得した学位は、オーストラリア国内のみに留まらず、世界で通用する資格となります。 },s.version='1.1',s.queue=[],u=t.createElement(n),u.async=!0,u.src='//static.ads-twitter.com/uwt.js', tafeとは、オーストラリアの各州が運営している専門学校で、知識やスキルを学べる職業訓練学校です。主にオーストラリア人が通う学校ですが、オーストラリア人のみに限らず、インターナショナルな留学生も受け入れているので、オーストラリア人と一緒に勉強することができるのが特徴です。 オーストラリアで看護師免許を取得され、現在は心臓内科で臨床教育看護師(cne)として働かれている方の体験談です。海外での働き方やクリニカルナースエデュケータ―としての業務内容、プライベート面では海外での出産などについて具体的に説明いただいています。 皆さん、こんにちは。iae留学ネットのオーストラリア担当です。 近年国際化の流れの中、日本の大学院ではなく海外の大学院で修士号や博士号の取得を目指す方も増えてきています。 自身の学歴に箔をつけるため、また更なるキャリアアップを目 「働きながら留学する」と聞くと、語学習得がおろそかになるのでは・・・と思われるかもしれません。 特に、ワーキングホリデーは1年間仕事ができるため、働いてばかりの人は語学力が上がらないのでは?と心配になる人も・・・。 留学(ワーホリ)が終わった方は、帰国後の就活で留学経験をアピールしたいと考えている方が多いはずです。留学経験者にとって求められる条件の1つは、英語を使った実務経験です。toeicスコア取得も重要ですが、それに加えて英語環境の職場での実務経験があると強いです。 将来を見据えたオーストラリア留学で意義のある学科の1つがitです。 ... は高額ですし、基本的に学生ビザの就労は禁止されているので、オーストラリアのように働きながら学校に通うということは中々難し … オーストラリアの最低賃金が時給19.49豪ドル(2020年3月現在)ですが、残念ながら最低賃金を守っている日本食レストランは少なく、平均時給が15ドル、土・日・祝日に時給がアップすることもほぼ稀な … オーストラリアは治安もよく、多文化な国であるため英語を学ぶために訪れるのにぴったりな場所です。もし渡航を考えているなら、オーストラリアでワーホリをしてみませんか?英語の環境で働きながら、実践的に学ぶことが可能です。時給やビザの申請方法など必要な情報を紹介します。 オーストラリア大学院留学希望者のために、オーストラリア大学院留学の概要をはじめ、入学条件や手続きについてご紹介しています。また、日本の大学との相違点やメリット・デメリットも解説しています。オーストラリア以外の海外大学院留学をご希望される方も是非一度ご覧ください。 オーストラリアの最低賃金が時給19.49豪ドル(2020年3月現在)ですが、残念ながら最低賃金を守っている日本食レストランは少なく、平均時給が15ドル、土・日・祝日に時給がアップすることもほぼ稀なケースです。 大学受験に失敗すると浪人・専門学校進学・就職の3つの進路に進むのが一般的です。しかし、海外留学する人も増えてきています。特にオーストラリアは教育レベルが高く、費用も抑えながらの留学が可能です。4つ目の選択肢として留学もぜひご検討ください。 イギリスで学びながら働こう!|語学留学やワーキングホリデーなど、あなたの留学の成功を累計25万人の利用数を誇る【成功する留学】が親身にサポート。経験豊富なカウンセラーが、17か国289都市と28種類のプログラムの中から、ご希望に合うプランをご提案します。 留学先として人気のある、アメリカ、オーストラリア、マレーシアの3カ国を徹底比較します。日本の大学との違いについても触れながら、海外進学を選択するメリットをお伝えします。教育制度はもちろん、治安、入学方法、費用のことまで詳しくご紹介。 ワーキングホリデービザとは「働く」「語学留学」「旅行する」働きながら海外生活ができる制度です。ワーキングホリデーは2国間の協定に基づき、18歳〜30歳までの青年が異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労を認める特別の出国入制度。 オーストラリアでは大学院への留学の審査にも、社会人経験は大きな要素として捉えられているようです。日本の大学院なら、大学からストレートで、というケースが多いですが、それだと修士課程以上の試験にはなかなか合格できないのがメルボルン大学でした。 オーストラリアは治安もよく、多文化な国であるため英語を学ぶために訪れるのにぴったりな場所です。もし渡航を考えているなら、オーストラリアでワーホリをしてみませんか?英語の環境で働きながら、実践的に学ぶことが可能です。時給やビザの申請方法など必要な情報を紹介します。 留学先としてオーストラリアはアメリカに次いで2番目に人気の国で年間1万人以上が渡航しています。10年間に渡り5,000人の留学生をオーストラリアに送り出してきたラララオーストラリアが、留学経験者の体験談を元にオーストラリア留学のメリットを9つにまとめました。 ワーホリ年齢制限を超えていても働きながら英語を学べるプランを実現できるのは 1.オーストラリアでの語学留学(または専門留学など、学生ビザを利用した留学) 2.ニュージーランドでの語学留学(または専門留学など、学生ビザを利用した留学) です。 働きながらタダでセブ留学するという選択肢、お金がなくても英語留学できる時代。 2017年2月20日 僕が学生の頃は、留学といえば、アメリカ、カナダ、オーストラリア留学が一般的でした。 twq('track','PageView'); お金の問題を気にしながら限られた留学の期間を過ごすのはもったいない!せっかく異国の地にきているのだから、現地の社会の中で働いてみるのはどうでしょう。オーストラリアでは、学生ビザでもアルバイトができるようになっています。, ではどんな仕事に就けるのか?給料はどんなものなのか?そんなオーストラリアで仕事をするときの疑問についてお答えします。, 外国で働こうと思ったら重要になるのがビザの種類です。オーストラリアでは「学生ビザ」でもアルバイトをおこなうことができますが、2週間で40時間までといった条件がついてしまいます。, もっと本格的にお金を稼ぎながら学びたい場合は「ワーキングホリデービザ」を取得しましょう。「ワーキングホリデービザ」であれば就労時間の制限なくアルバイトができますし、学校にも通える自由度の高いビザとなっています。, また、通常1年しか発給されない「ワーキングホリデービザ」ですが、オーストラリアでは「セカンドワーキングホリデービザ」といって2年目のビザを申請できる制度があります。, これは政府から許可された農園で働くなど、条件を満たせば2年目のワーキングホリデービザを申請できる仕組みです。, この制度をもうけている国は多くなく、特に英語圏の中では稀となりますので、長い期間留学先で仕事をしながら学ぶには、とてもよい制度ではないでしょうか。, 2013年ごろまでは、オーストラリアの給与水準は右肩上がりで伸びていました。2013年時点でいえば賃金水準は日本より遥かに高く、平均年収は日本円で860-980万円(1ドル100円計算)ほどもありました。しかし、近年では世界的な経済の成長限界の訪れから、そこまでの伸びがないのが現状です。, しかし、これはフルタイムで働いている現地の人のお話です。オーストラリアで仕事をしようとする留学生やワーキングホリデーでは就ける職種に限りがあるため、この賃金よりは確実に低くなってしまいます。, しかし、それでも留学生がレストランでアルバイトをした場合の時給は日本円で約1,500円はもらえるようですので、日本よりお給金はよいといえるでしょう。, 英語力が低いと仕事に就けない……ということはないのですが、どうしても仕事の職種に限りは出てきてしまいます。, 英語力が初級の人達は日本食レストランのウェイター、ウェイトレスウェイター、ホテルのなどのクリーナーなど、比較的、英語を話す機会が少ない仕事に就くことが多いようです。, これらの職には多くの留学生が就いていますので、友達をみつけるにはうってつけかもしれません。, 英語力が中級以上になってくると現地のレストラン、カフェなどのウェイター、ウェイトレスに就くことができるようになります。中には日本語ツアーガイドの仕事をする人もいますよ。現地のレストランは地元の人が利用することが多いですので、現地の方との交流などを楽しみたい方はこちらの方がおすすめです。, 基本的にシドニーは求人数や業種が多く、多くのワーキングホリデーの人が働いています。地方都市では現地の飲食店で働く人やセカンドワーキングホリデーに必要な牧場や農場での求人があります。, 留学する地域によって就ける業種にも限りがありますので、日本にいる間に一度確認してみるとよいでしょう。, 飛び込みでお店に交渉して雇ってもらう手もありますが、なかなか度胸が必要で難しいですよね。オーストラリアで仕事を探す時に、おすすめなのは求人サイトを使う方法です。, 現地の仕事を日本語で紹介してくれる日系のサイトがいくつもありますので、利用してみてはいかがでしょう。, ただ、これらのサイトで探せる職種は日本食レストラン、美容師、クリーナーなど限られていますので、ほかの業種に就きたい場合は現地の求人サイトを利用するしかありません。, ただ、当たり前ですがすべて英語で書かれていますし、求人だけでなく地域のイベントや不動産なども載っているので、英語初級者には難易度が少し高いかもしれません。また、現地のサイトですので、基本は現地の人が応募する前提で書かれていると考えて、留学生、ワーキングホリデーでも応募可能か、英語力はどの程度必要なのかをしっかりと確認しておくとよいでしょう。, 中には悪質な求人もありますので、きっちり吟味してから応募するようにしてくださいね。, 仕事を探すのはとても労力が必要で大変なものですね。しかし、実は確実に仕事を探す方法が一つあります。, それは現地の留学生仲間やワーキングホリデー仲間に聞いてしまうこと。どんな職場かも聞きやすいですし、空きがあったら紹介してもらえたりします。, 学校の先生やスタッフさんも情報を持っていますので、積極的にいろんな方に訪ねてみるのも手かもしれません。, 働くということは責任もありますし、少し怖いと尻込みしてしまうかもしれません。ですが、オーストラリアで仕事をしながら学校に通うことは、学んだことを現地で実践できるとても貴重な機会となります。, また、現地の社会に入り生活することは文化や習慣を肌で感じることができ、留学の最大の目的を果たすことができます。現地の方々との交流は学校にはない多くの気づきを与えてくれるはずです。, 海外渡航経験の少ない方にも自信を持っておすすめできるのが、気さくでフレンドリーな人柄が魅力のオーストラリア。多文化・多民族国家であるゆえ、馴染みやすく、何度も訪れたくなる心地よさがあります。期間や渡航スタイルの選択肢が広く、短期留学やワーキングホリデーなど自分に合った形を選ぶことができるのもメリットです。, コラムキャンペーンピックアップ オススメ, サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社リアブロードに属します。複製、無断転載を禁止します。. 友人が留学していて自分も英語勉強しないと!って焦っている・・ 6. 【海外チア留学】海外で働きながらチア留学!in オーストラリア ひょんなことからオーストラリアの強豪チーム(2年連続メダリスト)のメンバーとしてアメリカで開催されるチアリーディングの世界大会に出場することとなり、 その勢いでそのままオーストラリアに住むことになりました。 オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。, オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。, ワーキングホリデーとは「働く」「語学留学」「旅行する」働きながら海外生活ができる制度.  短期でオーストラリア留学を考えている人は、どのような留学スタイルがあるか知りたいことでしょう。ここではオーストラリア短期留学でおすすめのスタイルと費用をご紹介していますので参考にしてみ … オーストラリアでは学生ビザでアルバイトができたり、ワーキングホリデービザの2年目を取得できたりと、働きながら勉強できる環境が整っています。この記事ではお仕事の種類や金額まで、オーストラリアのお仕事事情を紹介します。 オーストラリアでは学生ビザでアルバイトができたり、ワーキングホリデービザの2年目を取得できたりと、働きながら勉強できる環境が整っています。この記事ではお仕事の種類や金額まで、オーストラリアのお仕事事情を紹介します。 働きながらタダでセブ留学するという選択肢、お金がなくても英語留学できる時代。 2017年2月20日 僕が学生の頃は、留学といえば、アメリカ、カナダ、オーストラリア留学が一般的でした。 ワーキングホリデーの年齢制限は18歳から30歳が一般的です。 残念ながら2020年1月現在、年齢制限を31歳以上とする国はありません。 ▶︎ワーホリ年齢制限を超えていても働きながら英語を学べるプランがある! – なぜ、35歳までワーホリで渡航できるという情報があるのか? ワーキングホリデー、通称ワーホリとは、日本と協定をもついくつかの国で、原則1年間、国によっては最長3年間、英語を学んだり、働いたり、旅行し … 語学留学にご興味のある皆様へオンライン留学サポートセンターのデジタルパンフレットを無料でダウンロードしていただけます。語学留学の費用やオススメの語学学校、知っておくべき語学留学tipsをご紹介しています。 pdfダウンロード 資金はどれくらい用意すればいいのだろう? 幅広い年齢層の … 【海外チア留学】海外で働きながらチア留学!in オーストラリア ひょんなことからオーストラリアの強豪チーム(2年連続メダリスト)のメンバーとしてアメリカで開催されるチアリーディングの世界大会に出場することとなり、 その勢いでそのままオーストラリアに住むことになりました。 お気軽にお問い合わせください。. 2.高い教育レベルと留学生を保護してくれる法律. みなさんこんにちは、iae留学ネットのオーストラリア留学担当です。今回はワーキングホリデー(ワーホリ)での試練について私個人の経験を基にお話します。ワーキングホリデー(ワーホリ)というと、費用面で1年間の語学学校などの学校へ通学するこ オーストラリアでは、英語留学だけではなく、専門的な知識を学ぶために留学する学生、社会人の方が増えてきています。オーストラリアには、2種類の学校があり、公立専門学校の(TAFE)と私立専門学校の(Private College)があります。どちらも最終的に取得できる資格は同一です。 アメリカへの大学テニス留学; オーストラリアの高校卒業後、オーストラリアの大学に進学 ; アデレードについて; お問い合わせ; ピータースミス テニスアカデミー ~最新トピックス~ 新型コロナウィルスに関する現地の状況と 現地高校の受け入れ状況 2021年スカラシップ 応募者募集! オーストラリア就職についてのまとめ記事はこちら。 最難関オーストラリア就職を実現させる方法。求人、労働ビザ、仕事の種類etc 海外の専門学校に通うメリット 短期留学、長期留学、ワーキングホリデーなど英語学習を目的とした日本人が多く訪れており、オーストラリアの魅力にハマってしまった人の中には、移住を決意される人もいるほどです。 オーストラリアは移民政策を行って積極的に移民を受け入れてきたという歴史があるため、移民に対し� インターン留学とはどういった留学?現地の企業や日系企業に入って仕事をしながら、社会や文化など相互理解と仕事への姿勢を学ぶというシステムです。外国の会社で働くことにより、国際感覚とその国の社会背景、ビジネスシーンを体感することができます。 留学する国はどこがいいのかな? 4. ワーキングホリデーは2国間の協定に基づき、18歳〜30歳までの青年が異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労を認める特別の出国入制度。, 分かりやすくいうと「大人の夏休み」として、休暇を楽しみながら、勉強するも良し、働くも良し、ゴロゴロするも良し、働きながら夢の海外生活をおくることができるという素晴らしい制度です。, ワーキングホリデービザの有効期間は入国日から1年で、ビザの有効期間内だと何度出入国しても問題ありません。, 2014年度の日本人ワーキングホリデービザ発給数は10,579人になり1万人を突破し、年間1万人の日本人がオーストラリアへワーキングホリデーで渡航しているくらい日本人にとってオーストラリアはワーキングホリデー人気国です。, アジア各国の比べると韓国、台湾、香港は日本より多くの方が渡航している現状があり、英語ネイティブ圏だとイギリスがダントツの45,000人もオーストラリアにワーキングホリデービザで渡航しています。, 世界中から年間20万人の若者がワーキングホリデービザを取得して、オーストラリアに訪れるということから非常にグローバルな国だということがいえます。, 入国から1年間オーストラリアに滞在できる権利を得るので、期間内では下記のどのようなことにも挑戦することができます。, 実際、オーストラリアでワーキングホリデーを楽しんでいる日本人の多くが、語学学校に通い、その後アルバイトなどで働きながらお金を稼いだり、働いて貯めたお金で旅行したり、次のステップの必要経費としてとしてその費用を使ったりしています。, ワーキングホリデーでのオーストラリア渡航者は「英語留学」「働く」「旅行する」何でもありの大人の夏休みを上手く活用しながら、海外生活を楽しんでいます。, オーストラリアは比較的温暖な気候で、ゴールドコーストやシドニーなど各都市に観光スポットとして人気のビーチがあり、日本の都市部の印象とはガラリと変わり、半分リゾート気分で生活ができると言っても過言ではないライフスタイルを送ることができます。, 例えば、シドニーシティー中心部からバスで15分ほどで観光スポットとし大人気なボンダイビーチなどにもアクセスできるため、都市と自然の融合した環境でリラックスした生活の中でお仕事、英語留学生活を送ることが可能です。, ほとんどの渡航者は初めの数ヶ月間は語学学校で英語の勉強をし、その後スムーズにオーストラリアで働く為、仕事を見つける為に英語の習得を急ぎます。, ワーキングホリデービザでは最長4ヶ月間は語学学校での修学を許可されているので、ご自身の英語能力、予算、目的に合わせて留学期間を決定しています。, オーストラリアで語学学校に通うことのメリットとして、もちろんネイティブの環境下で英語を勉強できることではありますが、その他にも同じような意識や同じような環境でこれからオーストラリアで生活していくバッチメイト(同じ時期に入学した仲間)ができ、ワーキングホリデー生活の基礎になる友達や頼れる仲間が語学学校でできることになります。, 学校の勉強も勿論大切ではありますが、世界各国からオーストラリアに留学・ワーホリで来ている仲間と日常生活を共にしていくことによって、英語が飛躍的に伸び、日常コミュニケーションレベルが上がることに繋がります。, 英語初心者の方でも大丈夫!