投稿コメント; 作成スレッド; 投稿コメント一覧 (211コメント) 新着順 古い順 [次のページ] (株)ジーエヌアイグループ; No.2102 『知財譲渡の内容は、非開示』と… 2020/11/16 18:32 >>No. オスカー・フォン・ロイエンタールは、銀河英雄伝説に登場する人物。 ゴールデンバウム王朝、ローエングラム王朝に仕えた軍人で、ローエングラム王朝では統帥本部総長となり、後に 新領土 (ノイエラント) 総督も勤める。 【オスカーフォンロイエンタール】のmixiコミュニティ。なぜかロイエンタールのキャラクターが好きだ! という単純な主張コミュが無かったので作らせて頂きます。 オスカー・フォン・ロイエンタールが好きだ! あの素敵なオッドアイが好きだ! ジークフリード・キルヒアイス 458年 10月26日誕生。 474年 士官学校入学 480年 帝国士官と乱闘騒ぎをおこし、大尉から中尉に降格される。 赤きカリスマ、『黒子のバスケ』の「赤司征十郎」が堂々の1 複雑な家庭環境で育ったため、自他ともに認める歪んだ性格の持ち主。特に後述の経験からか大の女性嫌いだが、同時に何人もの女性と関係を持つプレイボーイでもある。 同人誌(46) 対象年齢. オスカー・フォン・ロイエンタール ; お気に入りに追加. また白兵戦でも優れた戦士であり、ミッターマイヤーと共に多くの戦果を挙げてきた。 オスカー・フォン・ロイエンタール. ヨブ・トリューニヒト 後にユリアン・ミンツから「(初代皇帝の不足したところを是正することができる才覚があるので)三代目辺りの皇帝にふさわしい能力を持っていた」と評価されている。 Definitions of オスカー・フォン・ロイエンタール, synonyms, antonyms, derivatives of オスカー・フォン・ロイエンタール, analogical dictionary of オスカー・フォン・ロイエンタール (Japanese) その戦術戦略的センスは攻守ともに高レベルで安定しており、ミッターマイヤーやビッテンフェルトのような突出した技能を有しない代わりに高い安定性と対応能力を有している。 親友・ミッターマイヤーと並んで「帝国軍の双璧」と称される。 !」黒尾鉄朗 cv:若本規夫(OVA)、中村悠一(Die Neue These) 田中芳樹による小説『銀河英雄伝説』の登場人物。銀河帝国側の軍人として登場する。 pixivでは、姓である『ロイエンタール』タグのみが付けられていることが多い。 ニヒルで頭の切れる二枚目。左右の瞳の色が違う「金銀妖瞳(ヘテロクロミア)」が特徴。 親友・ミッターマイヤーと並んで「帝国軍の双璧」と称される。 その戦術戦略的センスは攻守ともに高レベルで安定しており、ミッターマイヤーやビッテンフェルトのような突出した技能を有しない … ローエングラム陣営の主要提督の一人。ローエングラム朝銀河帝国では統帥本部総長となり、後に新領土(ノイエ・ラント)総督も勤めるが、最後はローエングラム王朝に叛する道を辿る。 時系列上の初登場は、コミック版の惑星(カプチェランカ)上での白兵戦とされている。ラインハルトとの関連では、ヴァンフリート星域会戦後に軍務省でミッターマイヤーとともにラインハルト(とキルヒアイス)の姿を見かけた時が最初。 乗艦はトリスタン。副官はレッケンドルフ。主な幕僚はハンス・エドアルド … ラインハルト・フォン・ローエングラム カテゴリ. ロイエンタールは艦隊司令官として実務に詳しいだけでなく、補給面で後方と交渉したり、遠征軍の人選も含め政治的な考え方ができる理性の人です。 オスカー・フォン・ロイエンタール … 小説『銀河英雄伝説』の登場人物。 地名 « 前へ 1 ... 31-61-91-121-151-181-211-... 241 次へ ». 2015/10/30(金) 10:34:33 ID: wlSzLxUAcy >>120 それも、手を出したのは艦長の娘の方からだしな いや、ポプランの件も、どっちから手を出した … ローエングラム王朝成立のために最も尽力した一人であり、その功績は同じく元帥となったミッターマイヤーやオーベルシュタインにも決して劣らなかった。ラグナロック作戦ではイゼルローン方面軍の最高指揮官を務め、結果としてイゼルローン要塞の奪取に成功する。 その後、ミッターマイヤーとともに同盟首都ハイネセンを強襲し帝国軍に最終的な勝利をもたらした。 帝国-オスカー・フォン・ ロイエンタール 場面: 第046話「ヤン提督の箱舟隊」 物資を横領したため銃殺となる兵士がラインハルトを罵った際、ロイエンタールがその兵士(と己自身)に対し発した衝撃の一言。 インパクト: ★★★★☆ 解説&コメント: ヤン・ウェンリー 『ロイエンタール』という名の人物・キャラクター 実在. pixivでは、姓である『ロイエンタール』タグのみが付けられていることが多い。 3位 オスカー・フォン・ロイエンタール ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「赤司征十郎」! 出典:Amazon. フェリックス・ミッターマイヤー 「銀河英雄伝説 Die Neue These」オスカー・フォン・ロイエンタール 「ワールドトリガー」迅悠一 「バビロン」正崎善 「真・中華一番!」シェル 「魔法科高校の劣等生」司波達也 「ドリフターズ」島津豊久 「ハイキュー! その最後はルビンスキーと地球教の姦計に嵌められ、しかもあえてその姦計に乗る形で銀河帝国に対し造反。激しい戦闘の後に部下のグリルパルツァーの裏切りによって負傷し、ミッターマイヤーを待ち侘びながら息を引き取った。 cv:若本規夫(OVA)、中村悠一(Die Neue These) オスカー・フォン・ロイエンタール: 中村悠一; アレックス・キャゼルヌ: 川島得愛; フレデリカ・グリーンヒル: 遠藤 綾; ワルター・フォン・シェーンコップ: 三木眞一郎; オリビエ・ポプラン: 鈴木達央; ダスティ・アッテンボロー: 石川界人 しかし、ロイエンタールはラインハルトに対し、覇者に相応しい言行を求め、銀河に平和がもたらされることでラインハルトの覇気に翳りが生じ始めると、そのあり方に内心で不満を感じているようであった。本来彼は他人に対し膝を屈するようなことを進んでする人間ではなく、もしラインハルトに隙が生じようものなら、敢えて彼の敵になることも辞さなかった。 これは女性から言い寄るケースがほとんどのため、ロイエンタール自身に責められるほどの非があるわけではないが、彼の命を狙ったエルフリーデにわざと自身が彼女の仇であると曝したり、合理的でありながら自傷的な行動を取るなどその内心は矛盾で満ち満ちている。 なお、死の直前に彼の元へ現れ、主君のラインハルトを侮辱した高等参事官トリューニヒトを殺害している。 田中芳樹のスペースオペラ『銀河英雄伝説』の登場人物の一人。 ウォルフガング・ミッターマイヤー 121 ななしのよっしん. 本伝における反逆事件は形式的にはルビンスキー、地球教の思惑にのせられる形であったが、ロイエンタール自身にもラインハルトと戦いたいという野心があり、「反逆者になるのは構わないが、反逆者に仕立て上げられるのはごめんこうむる」と語っているように、姦計にのせられるくらいならいっそ自発的に乱を起こしてしまおうという気持ちもあったと思われる。それでいて彼のラインハルトに対する忠誠心は少しも損なわれることはなく、トリューニヒトを殺害した一件がそれを証明している。 ラインハルトと出会った頃には少将、元帥府開設時は中将、リップシュタット戦役後は上級大将。新帝国では帝国軍三元帥に叙せられ、統帥本部総長、新領土総督を歴任。反逆後、新領土総督の任を解かれ、元帥号も剥奪されたが、反乱が鎮圧された後、「ロイエンタールを新領土総督に任じたのは失敗だったかもしれないが、元帥に登用したのを間違いとは思わない」と考えるラインハルトによって、彼の死後直ちに元帥号は返還された。, 左右の瞳の色が異なる形で誕生したロイエンタールは、夫以外の男と密通を重ねていた母親にこれは黒い瞳の愛人との子であるという強迫観念を抱かせた。父親は一代で財をなした商人で年を経てから、金にあかせて貴族の娘を娶ったという。この顛末は夫の妻に対する申しわけのなさとわだかまりを残し、彼女の浪費と不貞を許す結果となった。結果、生まれたのがロイエンタールである。彼女は不貞の発覚を恐れてわが子の黒い右目をナイフで抉り出そうとしたものの失敗し、ほどなく自殺。以後ロイエンタールの父は事あるごとに「お前は生まれてくるべきではなかった」と息子を罵り、かくして彼の人格は歪な形で構成されていくに至った。 快活で公明正大なウォルフガング・ミッターマイヤーと、智勇のバランスに優れたオスカー・フォン・ロイエンタール。ふたりはイゼルローン要塞に着任し…。 11_人物・キャラクター. 裏を返せば、彼の軍事・政治両面でバランスの取れた能力は戦乱が終わった後の「平穏な時代の統治」にこそ活きるものであり、その意味でロイエンタールは生まれてくる時代を間違えた人物とも言える。 オスカー・フォン・ロイエンタール(Oskar von Reuenthal)は、田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」の登場人物。 ウィキペディアの項目「オスカー・フォン・ロイエンタール」も参照のこと 会議室にロイエンタールの声が流れた。誰も反論しなかった、もっとも賛成する声も上がらなかった。疲れた、妙に疲れた。 帝国暦 487年 5月 3日 オーディン ローエングラム元帥府 オスカー・フォン・ロイエンタール また、ラインハルトに対する反逆が表沙汰になった時、周囲の者がその事実をどこか納得をもって迎えたのも、ロイエンタールにはラインハルトに比肩する才能があることを周囲が認識していた証ととれる(同時にベルゲングリューンやディッタースドルフをはじめとした多くの軍人が彼の旗下に着いたのも、ロイエンタールが強く評価されていたことの証左と言える)。 冷徹かつ沈着、物事の本質を突く理論家ながら、女性に対しては自身の破滅をも顧みない自棄的な面を見せる。母親の一件のせいで強烈な女性不信を抱きながら、一方で女性と関係を持つこと自体は拒否しないという、一見矛盾する行動を見せる。また、プライドも相当に高く、自身の能力にも絶対の自信を持っており、自身も貴族の血をひく身であるにもかかわらず、実力もなく相続によって富と権力をほしいままにしていた門閥貴族を嫌悪していた。貴族制度、ひいてはそれを育んできたゴールデンバウム王朝自体が滅びてしまえばよいと考えていたが、自分の手でそれを成そうとは考えられず、後に現王朝打倒の考えを彼に披露したラインハルトに対して大きな衝撃を受けた。以後ロイエンタールはラインハルトこそが覇者となるべき人間と考え、窮地のミッターマイヤーのために助力を求めて以来、彼に対し絶対の忠誠をもって尽くすこととなる。 パウル・フォン・オーベルシュタイン オスカー・フォン・ロイエンタール. オスカー・フォン・ロイエンタール(Oskar von Reuenthal)は、銀河英雄伝説の登場人物。, ローエングラム陣営の主要提督の一人。ローエングラム朝銀河帝国では統帥本部総長となり、後に新領土(ノイエ・ラント)総督も勤めるが、最後はローエングラム王朝に叛する道を辿る。, 時系列上の初登場は、コミック版の惑星(カプチェランカ)上での白兵戦とされている。ラインハルトとの関連では、ヴァンフリート星域会戦後に軍務省でミッターマイヤーとともにラインハルト(とキルヒアイス)の姿を見かけた時が最初。, 乗艦はトリスタン。副官はレッケンドルフ。主な幕僚はハンス・エドアルド・ベルゲングリューン/ディッタースドルフ/ゾンネンフェルス/シュラー/バルトハウザー等。また、新領土総督時代に軍事査閲副総監としてリッチェル中将がいる。このほかアニメ版97話にトリスタンの艦長が登場している。, 帝国暦458年10月26日(道原かつみのコミック版より)、下級貴族の父親とマールバッハ伯爵家の3女レオノラとの間に生まれた。生後まもなく母親が自殺し、息子を逆恨みした父親から育児を半ば放棄される。16歳で士官学校に入学。任官後数々の功績を挙げるが、女性関係のトラブルから私的決闘を行って相手を負傷させ、降格処分(大尉から中尉)を受けた事がある。そのため、後に知り合った一年後輩のミッターマイヤーと同階級となり、戦闘上のパートナーとして共に昇進していく。, ローエングラム陣営への参加は、門閥貴族に謀殺されそうになったミッターマイヤー救出のため、ラインハルトに助力を求めた事がきっかけ。それ以来ラインハルトに(相克しつつ)忠誠を誓い、第4次ティアマト会戦(及びその前哨戦の惑星レグニッツァ上空の戦い)を初め、様々な武勲を立てていく。その後、帝国軍上層部の思惑と門閥貴族の策謀により同487年初頭のアスターテ会戦には参加出来なかったが、同会戦で元帥に昇進したラインハルトに再び呼集され、中将・艦隊司令官として元帥府に登用される。, 同年のアムリッツァ会戦に至る同盟軍の帝国領侵攻に対する迎撃で武勲を挙げ、ミッターマイヤーと共に大将に昇進。翌488年のリップシュタット戦役ではミッターマイヤーとの共同作戦でレンテンベルク要塞を陥落させる等の功績を挙げて上級大将に昇進。同489~490年のラグナロック作戦ではヒルデガルド・フォン・マリーンドルフの提案でミッターマイヤーとともに同盟首都星ハイネセンを無条件降伏させる。, 新帝国暦1年(帝国暦490年)、ローエングラム王朝成立時に元帥に昇進。統帥本部総長に任じられる。翌年、第2次ラグナロック作戦で同盟が消滅して帝国新領土となり、回廊の戦い後に新領土の総督に任じられる。これと前後して、ロイエンタールに恨みを抱いたハイドリッヒ・ラングの策謀で叛逆の疑いありとして一時拘束されたが、ラインハルトとの友誼が失われる事は無かった。, だがその後、地球教の策謀がきっかけとなり叛乱を起こし、第2次ランテマリオ会戦でミッターマイヤー及びビッテンフェルト、ワーレンと戦う。メックリンガーの後方かく乱により撤退するが、その途中でグリルパルツァーの裏切りが発生、死に至る負傷をしたが治療を拒み、ハイネセンに戻った。新帝国歴2年(宇宙歴800年)12月16日、新領土総督府オフィスにて死去。享年33歳でヤン・ウェンリーと生没年が同じであった。死の直前に、ラインハルトを侮蔑する発言をしたヨブ・トリューニヒトを殺害したが「(この行為が)後の歴史の展開に大きな影響を与えた」との論議を、同盟側・帝国側双方に呼んだ。, 無二の親友であるミッターマイヤーとともに「帝国軍の双璧」と称されている。自ら白兵戦に臨んで戦斧をふるう勇敢さを見せる反面、戦略上それが有利であるなら、あっさりと敵との正面対決を避けている(リップシュタット戦役でのメルカッツ、ラグナロック作戦でのヤンに対して)。そのため、メックリンガーは智勇の均衡が最も取れていると評した(ロイエンタールの均衡に比べたら、ヤンは智に、ラインハルトやミッターマイヤーは勇に傾倒しているという評である)。また単純な武人ではなく、政略的な面でも優れている。新領土総督を拝命した際は、ヤンの追悼集会を行う、公務員の綱紀粛正を徹底するなど極めて短い間ではあるが為政者としても優れた能力を示した。, 回廊の戦いでは自ら攻略作戦を上申して機雷源の突破に成功してヤン艦隊をかく乱し、さらに叛乱後の第2次ランテマリオ作戦では、ミッターマイヤー率いる帝国軍と互角に渡り合い、バイエルライン率いる分艦隊を壊滅寸前まで追い込んでいる。なお、この戦いはミッターマイヤーが優勢だったが、ミッターマイヤー自身は、それは自分にビッテンフェルトとワーレンという味方がいたから、と主張している。, 白兵戦技にも優れており、リップシュタット戦役中のレンテンベルク要塞攻略戦ではミッターマイヤーと共にオフレッサー装甲擲弾兵総監との戦いを指揮する。後にラグナロック作戦では、シェーンコップとも装甲服なしで互角の一騎打ちを行う。, 為政者の能力としては、本人が自分の性質を「乱世の雄」であると考えているのに対し、ユリアン・ミンツの意見では対照的に「守成の人」であり、統治能力は優れているが創造性には欠ける、建国済みの国家を維持する能力はあるが、新たな国を建てる能力はラインハルトと比較して劣るとして、「銀河帝国の3代目辺りの皇帝としては理想的な人物」と評価している。, 身長184cmでこの時代においても長身の部類に入る。頭髪は黒に近いブラウン。左右の瞳の色が違う「金銀妖瞳(ヘテロクロミア)」の持ち主(右目が黒で左目が青。なお両親の目の色は二人とも青で母親の愛人は黒。息子のフェリックス・ミッターマイヤーは青)。, 漁色家(ぎょしょくか、女癖があまり良くない)として知られるが、実際には幼少期に母に殺されかけた(愛人と同じ色をした瞳をナイフで刳り抜かれそうになり母は自殺、父からはなじられて育つ)トラウマから強い女性不信を抱えている。 無視リストに追加. エルフリーデ・フォン・コールラウシュ, オスカー・フォン・ロイエンタール(Oskar von Reuenthal)とは、小説『銀河英雄伝説』の登場人物である。. 唯一女性不信の原因を打ち明けた相手であるミッターマイヤーに対する友誼は篤く、彼の竹を割ったような人柄、自分には到底為しえない正道的な生き方に惹かれていたようである。ミッターマイヤーを「気持のよい男」と評し、能力も含めて彼のことを誰よりも理解し評価していた。沈着をもって知られるロイエンタールが感情を剥き出しにするのはたいていミッターマイヤーに関わることであり、軍議の席で、ラインハルトの権力を笠に着る形でミッターマイヤーの正論を封じたラングを痛烈に罵倒し、回廊の戦いにおけるミッターマイヤー戦死の誤報には周囲の目も憚らず動揺する姿も見せた。, 神速の艦隊運用による速功に定評のあるミッターマイヤーに対して、攻守における高水準のバランスと、あらゆる状況における沈着さを評価される。智勇の均衡において”智”に重点を置いたヤン・ウェンリー、”勇”に重きを置く傾向があるラインハルトをも凌ぐといわれる希代の用兵家であり、その作戦案は時にラインハルトさえ舌を巻く。マル・アデッタの戦い、回廊の戦いにてラインハルトの傍らにあって全軍を指揮した際は、艦橋にてラインハルトと二人、天才同士にしか通じぬ会話を繰り広げた。新領土総督に任じられてからは行政官としても優れた手腕を見せ、旧同盟領を同盟政府以上の公正さをもって治め、安定と秩序をもたらした。 ミッターマイヤーは「俺はロイエンタールには遠く及ばぬ」と、軍人としてだけでなく、多方面に才能を発揮するロイエンタールに最大限の賛辞を送り、第二次ランテマリオにて雌雄を決した際にも「自分には信頼できる配下の提督がいたが、ロイエンタールにはそれがいなかった」とも語り、断固として自身を勝者とは認めなかった。 18禁(41) 全年齢(5) 専売フラグ名. CVは若本規夫(石黒監督版)、中村悠一(Die Neue These)。座乗艦はトリスタン。黒に近いブラウンの髪、逞しい長身、金銀妖瞳(ヘテロクロミア)の目を持つ。ミッターマイヤーとは無二の親友で、ラインハルトやキルヒアイスとは盟友である。 ミッターマイヤーが、ブラウンシュヴァイク公に連なる貴族将校を軍紀違反で処刑したことで逆に収監されてしまい、この窮地を救うべくラインハルトに援助を頼んだことから彼の知己を得る。この出来事の後、ミッターマイヤーと共に「ゴールデンバウム朝 … 2019.08.18 「銀河英雄伝説(田中芳樹)」より、銀河帝国オスカー・フォン・ロイエンタールの名言・台詞をまとめていきます。 スポンサーリンク →アマゾン初売り1月2日9:00~5日23:59へ. ニヒルで頭の切れる二枚目。左右の瞳の色が違う「金銀妖瞳(ヘテロクロミア)」が特徴。 アレクサンデル・バルトハウザーのように器量も才幹も少ないが忠実で手足のように使える部下の扱いには非常に優れている一方、有力な部下を育成して副将とする能力においてはミッターマイヤー、部下の階級が上昇するほど上官の人格的影響力が増すと言われたビッテンフェルトらに劣っていた可能性がある。ロイエンタールが統帥本部総長に就任していたため麾下の艦隊に手柄を立てる機会が少なかったなどの事情を考慮しても、移籍組でないロイエンタール直属から大将以上に昇進した軍人は出ていない。ベルゲングリューンはキルヒアイスの部下であり、グリルパルツァーとクナップシュタインはレンネンカンプの部下である。当時の大将級の中でもトップクラスの3人を付属させられたのは副将不足を懸念されたものと思われる。 「銀河英雄伝説」ロイエンタールの名言・台詞まとめました. オスカー・フォン・ロイエンタール (銀河英雄伝説)に関する同人誌は、60件お取り扱いがございます。「落花狼藉」「友人のr」など人気同人誌を多数揃えております。オスカー・フォン・ロイエンタール に関する同人誌を探すならとらのあなにお任せください。 アマ … オスカー・フォン・ロイエンタール(21) ウォルフガング・ミッターマイヤー(20) フェリックス・ミッターマイヤー(2) 在庫状況 ×(29) (11) (6) 価格帯 ~500円(3) 501円~1000円(10) 1001円~3000円(30) 3001円~5000円(3) Close. 2020.12.30. これにはロイエンタールがあまりに有能過ぎて何事も一人で出来る為に参謀や配下の提督に補佐される事が少なく、自然と彼の部下たちはロイエンタールの命令に従うだけの存在となり、自立性を失っていったからとも考えられる。, 銀河英雄伝説 銀英伝 銀河帝国 専売(32) 併 … 田中芳樹による小説『銀河英雄伝説』の登場人物。銀河帝国側の軍人として登場する。 オスカー・フォンロイエンタール(帝国暦458~新帝国暦002 宇宙暦767~800) 声:若本規夫. 乗艦はトリスタン。 オスカー・フォン・ロイエンタールの記事へ戻る . 女性側から一方的に迫られ、関係を持っては捨てる事を繰り返し[1]、それがもとで決闘騒ぎを起こした事もある。周囲から批判的な目で見られる事も少なくないが、酔った本人の独白から真相を知ったミッターマイヤーだけは同情的な思いを抱いている。ただし一度だけ、ミッターマイヤーが漁色家ぶりを批判した事があり、その時は口論になった挙句、殴り合いになったようである[2], 亡父から莫大な財産を相続しており、質素なラインハルトよりもよぼど王侯らしい生活をしていたと言われる。ただし私生活は贅沢であっても、厳しい軍隊生活にも平気で耐えていたため、決して他の兵士たちから恨まれる事は無かったという優れた軍人ではあったが、その自らの軍事的な才能ですら冷めた目で評価していたような面もある。勝敗や優劣は相対的なものであり、当事者間の関係だけでなく周囲の条件や環境によって変わるものであると、達観していた。ラインハルトに対しては浅からぬ忠誠心と尊敬の念を有していた。現状に不満を持ちながらもゴールデンバウム王朝打倒など思いもしなかった自分に対し、その心理的障壁をあっさり乗り越えたラインハルトには、素直に敬服していた。配下の提督の中で「マイン・カイザー(我が皇帝)」をもっとも美しく発音したとされる。, 地球教の策謀に嵌められたことを契機に叛乱を起こしているが、不本意な様子は無く、むしろ望んで叛乱を起こした様子が伺える。そのため、戦いの前、ミッターマイヤーや腹心の部下ベルゲングリューンが必死で説得したものの、止めることはできなかった。, 死に臨んで発した言葉は、「我が皇帝(マイン・カイザー)、ミッターマイヤー、勝利(ジーク)、死」である。これが何を意図して発した言葉であるかに関しては諸説あり、遺言を聞いた当時の従卒も「聞き取れる言葉のみを記録し、意味不明の言葉は書き止めていない」としたため、真相は不明である。, 卓越した能力、超然とした態度と伴に、その裏腹にあまりにも解き難い心理的葛藤を抱えている彼は、多くの読者にとって登場人物中最も興味をひかれる人物の一人であり、ヤン・ウェンリーと並んで銀河英雄伝説において最も人気の高い登場人物となっている。, リップシュタット戦役終盤においてロイエンタールがリヒテンラーデの拘禁/処刑にあたった。その一族の女性の一人であるエルフリーデ・フォン・コールラウシュとの間に男児がおり、彼の死後はミッターマイヤーに引き取られた(フェリックス・ミッターマイヤー)。死の直前エルフリーデが赤子とともに現れるが、一族の恨みを晴らす機会を勧められたにも関わらず赤子を残しそのまま去っており、彼に対して単純ならざる感情を抱いていた事が提示されている。, なお、エルフリーデについてはその後一切登場しないが、後年、旧同盟領の情勢が次第に混沌としていく中、かつてエルフリーデの妊娠・出産に立ち会ったドミニク・サン・ピエールという踊り子出身の女性が逮捕される。その際、かつてロイエンタールと激しく対立した軍務尚書オーベルシュタイン元帥が、ドミニクにエルフリーデの行方を尋問した。ドミニクは少し驚いたような表情で軍務尚書を見返し、知らないとだけ答えた。「オーベルシュタインはそれ以上追及しようとしなかった」と、帝国の公式記録には事実だけが記されているという。, 原作での表記より。2人とも泥酔状態だったためか、翌朝には殴りあった事はおろか口論した事すら忘れてしまい、しかも周りにいた人々も沈黙してしまったので、このような曖昧な表記となった。朝になっても身体のあちこちが痛かったというから、かなり激しいものであったとされる, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://ginei.fandom.com/ja/wiki/オスカー・フォン・ロイエンタール?oldid=1159. ナイトハルト・フォン・ロイエンタール … ドイツのマイスタージンガー(詩人、歌手)。 架空. ナイトハルト・フォン・ロイエンタール(Neidhart von Reuenthal、1180年頃 - 1250年頃) ドイツのマイスタージンガー(詩人、歌手、親方)。 オスカー・フォン・ロイエンタール. オッドアイ 女嫌い 双璧 オスカー・フォン・ロイエンタール/Oskar von Reuenthal 本舞台の主人公。 後に「帝国軍の双璧」と謳われ、用兵・艦隊行動のスピードから「疾風ウォルフ」の異名を持つことになる銀河帝国の若き軍人。